駅チカで遅くまで営業する歯科|残業が生じてしまった日でも安心

セラミック素材を利用

歯型

インプラント治療では、顎骨に歯根となる部品を装着する工程が存在します。人口の歯根を装着すれば、自前の歯と同じくらいぐらつかずに使用できるのは確かです。大抵の歯根となる部品は、金属製のものばかりが目立ってしまいます。丈夫ではありますが、人によっては金属アレルギーを発症させてしまう恐れがあります。欠損部分を補えたのはいいですが、アレルギー症状が現れて命の危機に瀕してしまうのは避けたいものです。最近では、インプラント治療を受ける前に、パッチテストを実施する歯科が多数存在します。アレルギー対策で、何も問題なければ普通に治療が受けられます。もし、陽性反応が出てしまったら、欠損部分を補うのはあきらめざるを得なくなります。しかし、金属アレルギーの体質を有している人でも、問題なく欠損部分を補うことが可能になってきています。なぜなら、ジルコニアインプラントというものが登場したからです。ジルコニアインプラントとは、通常の部品とは異なる素材から作られたものです。主に、ジルコニアインプラントの部品で使用されている素材はセラミックです。生体への親和性に優れているセラミックは、金属アレルギーを発症させるリスクが少なくなっています。それに、セラミックは別名人口ダイアモンドとも言われているので、耐久力も抜群に高いです。簡単に破損する心配もないといえるでしょう。安全性と耐久性に優れたジルコニアインプラントなら、金属アレルギー反応が出て欠損部分を補うことをあきらめた人でも気軽に利用できるのは間違いありません。